Cyber(DNS)

DNSレコードの各レコードについて説明します。

レコード意味
NSドメインのDNSサーバ
ホストのIPアドレス
PTRIPアドレスに対するホスト名
CNAMEホスト名のエイリアス
MXドメインのメールサーバ
HINFOホストの追加情報
ホストのハードウェア・ソフトウェア(OS)情報など
wksホストで実行されているサービス情報
(Well Known Services)
TxTホストへのテキスト情報

Webサービス(nslookup)からの結果
対象ドメインは、本サイトのURLを実施

コマンド「nslookup」からの結果
対象ドメインは、本サイトのURLを実施

コマンド「nslookup -type=any」からの結果
対象ドメインは、本サイトのURLを実施

-type= [レコードタイプ]  で知りたいレコードタイプの情報を得ることができます。
-type= がない場合はIP アドレスフォーマットなら “A レコード”、FQDNフォーマットなら “PTR レコード” として情報を得られます。

コマンド「nslookup -type=mx」からの結果
対象ドメインは、本サイトのURLを実施

『権限のない回答』
問合せをした DNS サーバ”が自分で『cyber-security-forensic.com』の情報を持っていた訳ではなく、『他の DNS サーバからその情報を得たよ』ということを示しています。

では権限のある回答にするためにはどうすればよいか?『cyber-security-forensic.com』の情報を持っているDNSサーバはどのサーバなのでしょうか?
それを調べるにはその 1 つ上のドメイン『sagawa-exp.co.jp』の NS レコードを調べます。
NS レコードは、そのドメインの管理している (つまり権限のある) DNS サーバを探すときに使うレコードです。
NS レコードを調べるには、以下のように nslookup のあとに -type=ns というオプションを付けます

コマンド「nslookup -type=ns」からの結果
対象ドメインは、本サイトのURLを実施

コメント

タイトルとURLをコピーしました