Cyber(APT-information)

国家主体のサイバー攻撃グループの相関図が、下記のURLで公開されています。
このサイトは、1985年にジャーナリストと学者によって設立された「National Security Archive」です。

信憑性を検証していたら、キリがありませんが、かなり参考になりますので、一度閲覧してみることをお薦めします。
私自身100%と確信できる推理はできないものです。

APT Index
A Kumu Project.

相関図を見てみますと、日本はどこからも攻撃されていないことになっていますね・・

アメリカは多くの攻撃者グループから攻撃されていますが、大元の国は中国と北朝鮮ですね。
中国は多くの攻撃者グループを抱えていることになっています。ほとんどがアメリカであり、国境を接している国にも攻撃していることが分かります。

ちょっと情勢にサイトが追い付いていないかな・・・と私は思ってしまいましたが、その分裏付けを取っているかもです。

Malpedia(Fraunhofer FKIE)

https://malpedia.caad.fkie.fraunhofer.de/

マルウェアや脆弱性を利用した攻撃コードを調査する際に参考になるサイトです。
しかし英語で記載されているため、詳細には筆者は調査をしていないです。
※Fraunhofer FKIE:ドイツ社であり、主にデータ研究とサイバー研究(セキュリティ)を主に業務している会社と思料される。

上記URLのトップページ状況

コメント

タイトルとURLをコピーしました